ココナッツ・ココナッツミルク

ココナッツの実はココナッツウォーター、ココナッツミルク
ドライココナッツ、ココナッツオイルなど 様々な形で食べられています。

―ココナッツ―

肌荒れシミ予防、認知症予防 アルツハイマー予防 脳梗塞・心筋梗塞の予防
免疫力アップ、疲労回復、ダイエット効果、アンチエイジング など、たくさんの効果が。

ダイエット効果

ココナッツの代表的な成分、「中鎖脂肪酸」
体内に蓄積しにくくエネルギーとして作り変えられる脂肪です。
身体についている脂肪を燃焼させる効能もあるのでダイエット効果も。

免疫アップ

中鎖脂肪酸の中の「ラウリン酸」、母乳に含まれている成分です。
赤ちゃんの免疫力がほとんどない時に免疫力をアップされる役割をもっています。
大人が摂取しても免疫力の向上に期待できます。
口から摂取されると唾液に含まれる酵素と合わさることで「モノラウリン」という成分に変わり
様々な感染因子から身体を守ってくれます。

―ココナッツミルク―

むくみ改善

ココナッツミルクに含まれる「カリウム」は牛乳の約1.5倍
むくみを防ぐには体内の余計なナトリウムを排出する必要があります。
カリウムは体内の余計なナトリウム排出し、水分・塩分のバランス調節しむくみを解消してくれます。
同時に高血圧の予防にも効果的です。

アルツハイマー予防

ココナッツに含まれる中鎖脂肪酸は肝臓で「ケトン体」という物質が生成され
糖質に替わるエネルギーげんになります。
脳は糖と合わせ多くのエネルギーを消費できるようになるので脳の働きが活発になり
アルツハイマーの予防や改善に効果があると期待されています。
また、ケトン体には活性酸素を除去する効果もみられ老化現象の防止、
アンチエイジングのサポートをしてくれます。