米麺・タイ米・お粥

―米麺―

米粉から作られている麺。フォー、ビーフン、なクイッティオなど色々種類がある。

グルテンフリーで色々な効果

個人差や体質差はあれ、胃や腸の調子が整えられ便秘・下痢の解消
腸内環境を改善することで体調がよくなり疲れが取れる
肌荒れ・アレルギーの改善など効果もあるといわれています。

ヘルシー

米粉は小麦粉に比べ水分を吸収しやすく、
油分はあまり吸収しないので ヘルシーな軽い仕上がりになります。

栄養満点

お米に含まれる栄養素は粉にしてもそのまま変わりません。
たんぱく質やビタミン、食物繊維、ミネラルなど様々な栄養素をふくんでいます。
そして、必要アミノ酸の配合バランスを点数化したアミノ酸スコアも小麦44に対しお米は65。
それだけで足りるわけではありませんが他の食材と組み合わせ
必須アミノ酸を取りやすくなっています。

―タイ米(インディカ米)―

ダイエットに

タイ米の成分の日本のお米とそんなに変わりはありません
カロリーも100gあたり日本米168kcal、タイ米193kcalとタイ米のほうが少々高カロリー。
ですが、食後血糖値の上昇スピードを図るGI値は日本米84、タイ米50前後。
GI値が低いと血糖値の上昇が緩やかになるためインスリンの分泌が少なく、肥満予防になるようです。
タイ米は粘り気が少なくよく咀嚼して食べることになるため、
満腹中枢が刺激され食べすぎも防止することができます。

―お粥―

美肌やダイエット、便秘解消にも効果があります。

お粥には10の効能が

お粥の効能は曹洞宗の開祖、道元禅師も注目し、
「粥有十利(しゅうゆうじり)」として挙げられています。

  1. .色 (肌の色艶をよくする)
  2. 力 (気力が増す)
  3. 寿 (寿命が延びる)
  4. 楽 (食べ過ぎになることがなく、体が楽になる)
  5. 詞清辯 (血流がよくなり頭が冴え、言葉もなめらかになる)
  6. 宿食除 (胸やけをしない)
  7. 風除 (風邪を引かない)
  8. 飢消 (飢えを満たす)
  9. 渇消 (喉の渇きを潤す)
  10. 10.大小便調適 (便通がよくなる)

お粥は胃腸に負担をかけずに水分と栄養分を届けてくれます。
体を温める効果もあり冷え性の改善や、血行をよくし代謝を上げてくれ、免疫力のアップも。
胃腸に負担をかけないので消化もよくデトックス効果もあると言われています。